FC2ブログ

50代後半の世代に伝えたい!

幼なじみの女友達は、長年にわたり酷い肩こりに悩まされていました。
しかし定年まで2年となった時に早期退職をしたところ、
あんなに辛かった肩こりがいつの間にかなくなっていました。
たぶんパソコン業務から解放されたからからだろうね、と彼女は言います。

私は、同世代では早いほうで昨年白内障手術を受けました。
50代後半は、老眼だけでなく白内障も顕在化してくるお年頃です。
細かな文字を読むこと、パソコン作業をすることが、
だんだん辛くなり時間がかかるようになってくるのです。

社会人としてスタートしたころはパソコンが普及しておらず、
まずワープロから始まって、
パソコンやシステムによって業務が効率化していくのと一緒に
私たちの仕事の内容や仕方は変わっていきました。
私たちの世代は、ネット環境に辛うじて対応はしてきたが、
十分に使いこなすまでには至っていない人も多いのです。
だから仕事だからパソコンを使用するが、
自宅に帰ってまでも使いたくない!という人は案外に多いのです。

私がネットの銀行や証券会社で決済や売買をし、
家計簿ソフトを使っていると言うと、
たいがいは「そんなことして大丈夫なの?」と言われるのです。
そして高金利の時代もバブルも経験して今に至る私たちの世代は、
預貯金や保険以外の金融商品を持とうとも思ってこなかった人も多いのです。

また、私たちの親世代は80代前後となり、
既に相続を経験した人、
まさに介護の真最中の人、
介護までいかないまでも年老いた親の世話をする人、がほとんどです。

子供である私たちをいつでも支援してくれていたはずの親が、
いつの間にか見守るべき介護すべき対象になってくるのです。
だから元気で自分で自分のことができる親でいてくれることは、
とても幸せなことだと気づくのです。

自分では認めたくないけれども、身体のあちこちの衰えが
今まで通りの業務をスムーズにこなすことを邪魔してくる時期は、
自分以上に老化の進む親の現実を直視せざるを得ない時期でもあるのです。

私たちの世代は、自分の健康も老後も、親の介護も相続も、
不動産の管理や処分も、子供や孫のことも、
同時にいろんな不都合が出てくる時期なのです。

いろんなことを無理してがんばって疲れ切っている人がいたら、
もっと自分も周りの人たちも楽になる生活のしかたがあるのでは?
と話していきたいのです。
若い世代のように業務をテキパキこなすことは難しくとも、
別なことを時間をかけて自分のペースで行うことはできるのです。
たくさん仕事をこなしてたくさん稼ぐことはできなくとも、
自分のペースで働いて生活を成り立たせる方法もあるはず、と伝えたいのです。

幼なじみ達とお茶する時間が増えました。
この大切な人たちがいつまでも、
元気で世話好きでご機嫌でいつも笑っていることができるように、
力になりたいと思うのです。

そんな女性たちでいっぱいになるようにしたいのです。
スポンサーサイト
     

コメント

Secret

     
プロフィール

ファイナンシャル・プランナー 横山純子

Author:ファイナンシャル・プランナー 横山純子
富山市在住
6月5日生まれ
血液型:B型

CFP(日本FP協会認定)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士
宅地建物取引士

ハウスメーカーに18年半勤務後
不動産会社に8年勤務
2010年独立

屋号:サンク∞マネー 

〒930-0866
富山市高田527 情報ビル5F

E-mail:yokojunn@gmail.com


マネーバランスFPは、

生きていくために必要な、
「おカネ」と上手につきあい、
「不動産」と「保険」と
「金融商品」を活用し、
家族みんなが健康に、
人の和に恵まれて
心豊かに生きることができるよう、
末永くお手伝いをしていきます。

日本マネーバランスFP協会
http://www.jmbf.jp/kyokaiinnosyoukai.html#fp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR