FC2ブログ

現金はありがたし!

今年の個人的なテーマは、とことんキャッシュレス!

ガソリンスタンドでキーホルダー型の電子マネー決済をすすめられ使ってみました。
コンビニや飲食店など利用可の店舗では、支払いにとても便利です。
何より現金の取り扱いがないので、お店の方にもお礼を言われます。
また、スーパーやドラッグストア、洋服やさんではクレジットカードを使います。
そして、振込が必要な時は、インターネットバンキングで。
日々の家計管理は家計簿ソフトを利用します。
銀行も証券会社もクレジットカードも、携帯電話も、通販も一元管理ができます。
毎日確認して、現金で支払ったもののみ入力しておけばお金の管理はこれで大丈夫。
他にすることはありません。
便利な世の中になったものだ!とのんきに喜んでおりました。

でも「現金」も本当は大好きです。硬貨では500円玉。
汚れた硬貨が手元にやってきたら、ケチャップでピカピカにして貯金箱に投入です。
お財布はもちろん長財布。ラッキーカラーのものを2年毎に買い替えていました。
しかしキャッシュレスでは出番が減ります。

先日テレビを見ていたら、
「100円の買い物をするときに1万円札しかないのでそれで支払うときに、お店の人に何かいうか?」
という話し合いをしていました。
「ごめんね、細かいお金がなくって」と一言添える人、
支払うのだから何もことわる必要なんかない!という人。
スーパーなどでは気にしないが、個人の小規模な店舗ではお釣りの準備が十分でないかもしれないので申し訳なく思う、という人。
私も申し訳なく思い一言添えてしまうタイプです。

キャッシュレスの時代といっても現金も使うことは必ずあるわけで、
そうすると1万円札は使いにくいなぁ、できるだけ1000円札で持っていた方がいいかなぁ。
でも1万円札を1000円札にくずすと、なくなるのが早くなるような気がするし。

そんな思いを持っていた時に、西日本や北海道で大きな痛ましい自然災害が起こりました。

避難生活、電気やライフラインの止まった生活を経験された方々は、現金の準備が必要なことを教えて下さいました。
電気が止まってしまえばキャッシュレス決済はできないので、生きるために必要なものを得ることはできません。
現金が必要です。
そして、おつりがなければ売ってもらえないこともあるので、1万円札より1000円札と硬貨が使えるのです。

生活するうえでほしいものを手に入れるのではなく、生きるために必要なものを手に入れる場合の決済方法として
細かい単位の現金が重要だということです。
いざという時の準備に、1万円札ではなく1000円札と硬貨を加えることをしなければいけないと思いました。

被災された方々が一日も早く、しあわせな日常を取り戻されるように祈ります。
あたりまえと思っていた日常の生活が今日もできることは、何とありがたいことなのかと思います。
スポンサーサイト
     

コメント

Secret

     
プロフィール

ファイナンシャル・プランナー 横山純子

Author:ファイナンシャル・プランナー 横山純子
富山市在住
6月5日生まれ
血液型:B型

CFP(日本FP協会認定)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士
宅地建物取引士

ハウスメーカーに18年半勤務後
不動産会社に8年勤務
2010年独立

屋号:サンク∞マネー 

〒930-0866
富山市高田527 情報ビル5F

E-mail:yokojunn@gmail.com


マネーバランスFPは、

生きていくために必要な、
「おカネ」と上手につきあい、
「不動産」と「保険」と
「金融商品」を活用し、
家族みんなが健康に、
人の和に恵まれて
心豊かに生きることができるよう、
末永くお手伝いをしていきます。

日本マネーバランスFP協会
http://www.jmbf.jp/kyokaiinnosyoukai.html#fp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR