FC2ブログ

のちのち増える生前贈与のすすめ

1,000万円のお金を親から生前贈与されたら、あなたはどうしますか?

例えば、その全額で投資信託を購入します。
その投資信託は、毎月や半年毎に分配金が支払われるタイプだとして、
途中で売却することはせずに、
その分配金でまた同じ投資信託を買い増していくことにしておいたらどうでしょう?
投資信託自体の基準価格は変動しても、口数が少しずつ増えていきます。
長い年月をかけた場合は、思いのほか大きく成長しているかもしれません。


このように、もらった時より価値が増えていくものに換えておいた場合、
相続が発生した時に評価される金額は、贈与時の金額1,000万円なので、
相続税対策としては有効な場合があります。

80歳を過ぎると、入院するほどの不調はないにしてもだんだん足腰が弱くなり、
移動に時間がかかったり、体力がついていかなくなったりします。
旅行好きだった方でも、旅先がだんだん近くになり、泊りがけが日帰りとなり、
回数も減っていくようです。
食べ物にしても量が増えるわけはなく、珍しいものや有名なものより、
食べ慣れたもの、自分や家族がつくったもののほうがいいようです。
庭や畑の手入れをして、近所を散歩し近くに住む友人達とお茶などしていれば、
あまりお金を使うことはありません。
年金を積み立て貯金している方さえいらっしゃいます。

一方その子世代は50歳を過ぎて、
子供の教育費のピークは過ぎたものの、住宅ローンを抱えていたり、
リタイア後の年金を補う資金が十分とはいえない世帯が多いようです。

そんな中で、認知症など親の生活能力が落ちてお金の管理ができなくなっていたり、
病気やケガで介護が必要になったり(お金の決済のための署名押印ができない状態)
を想定して、そんな場合
「誰がお金を管理してどのように使うか?」
親子、兄弟で話し合いができている家庭は多くないようです。

もし、親が認知症となってお金の管理ができなくなってしまったら、
自分で貯めた財産が自分の希望通りの介護に使えないこともあるでしょう。
親自身のお金が使えないので子供が費用を負担する場合もあるでしょう。
その場合、子供の誰がどれだけいつまで負担を続けるのでしょうか?
親の介護用にたっぷりの資金を準備している人はどれだけいるでしょうか?

どこの金融機関にどんな口座がどれだけある?
カードの暗証番号は?
お届け印、通帳はどこに保管している?
どんな保険に入って証券はどこに保管している?
もしかして借金がある?

そんな時に、親の代わりに手続きできるようにするのが「成年後見制度」ですが、
一番近くに住む長男だからなれるとは限りません。
もしその長男が会社経営者などで、利益が出ていないような場合、
自分の事業のために親の財産を使うおそれがあるとして家庭裁判所が別の第三者を選ぶ場合があるそうです。

親に充分な財産があるのなら、介護費用に充分使ってもまだ余力がありそうならば、
子供の事業のテコ入れや支援に使えばいいと私は思います。
家族のなかで親も子もウィンウィンなお金の使い方ができれば、
外部のサービスも利用することによって、世の中にお金が出てくるし、
親子でそれぞれしてほしいことにお金が使われ、
互いの生活の質も向上するのではないかと思うのです。

その為には、親世代が元気なうちに、親子兄弟で話し合っておけばいいですね。

ただの1回の話し合いで「よく分った、では通帳と印鑑を預けるね!」
なんて簡単にはいかないと思いますけれど、
そこに行きつくまでには、互いの死生観などたくさんのこと話し合って、
相違点を認め、妥協点を見つけ
まず何より相手のことをしっかり大切に思い合っていることが大切ですね。

自分達で話すより、第三者がきっかけを作れる場合もあります。

マネーバランスFPにはそれができますよ。

スポンサーサイト
     

コメント

Secret

     
プロフィール

ファイナンシャル・プランナー 横山純子

Author:ファイナンシャル・プランナー 横山純子
富山市在住
6月5日生まれ
血液型:B型

CFP(日本FP協会認定)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士
宅地建物取引士

ハウスメーカーに18年半勤務後
不動産会社に8年勤務
2010年独立

屋号:サンク∞マネー 

〒930-0866
富山市高田527 情報ビル5F

E-mail:yokojunn@gmail.com


マネーバランスFPは、

生きていくために必要な、
「おカネ」と上手につきあい、
「不動産」と「保険」と
「金融商品」を活用し、
家族みんなが健康に、
人の和に恵まれて
心豊かに生きることができるよう、
末永くお手伝いをしていきます。

日本マネーバランスFP協会
http://www.jmbf.jp/kyokaiinnosyoukai.html#fp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR